未経験でもCADオペレーターになれる!求人の賢い見方と探し方

未経験でもCADオペレーターになれる!求人の賢い見方と探し方

求人サイトには希望の仕事が見つけやすいよう、さまざまな検索条件が設けられています。そして初めてCADオペレーターの仕事を目指す場合、まずチェックするのは「未経験者可」「未経験者OK」といった項目ではないでしょうか。この仕事は専門スキルが必要なので「未経験歓迎」とあっても圧倒的に経験者が優先して採用されるのも現実ですが、条件さえ見極めれば未経験者でも簡単にCADオペレーターになることができるのです。

1.そもそも「未経験」の定義とは?

「未経験」と言っても、その度合いはさまざま。

どの程度までを経験とし、どこからを未経験扱いとするかは、企業によって異なりますが、就職や転職においては「業界も職種も全く違う、新しい仕事にチャレンジしたい方」がこの「未経験者」というカテゴリに該当します。

そして中途のキャリア採用に限って言えば、多くの場合「業界未経験者」「職種未経験者」「未経験者」の3つに分けられます。

そのため求人情報を見ながら仕事を探す中で、もし「未経験」というキーワードを見つけたら、「その企業においての『未経験』とは、どんな内容を指しているのか」ということを、正確に把握する必要があります。

例えばこちら。

  • A社:CADの知識についてはある程度あると望ましいが、業界知識は未経験でも可
  • B社:同業界での勤務経験があるならば、CADの知識や設計経験は不問
  • C社:入社後に社内で一からOJTや研修を行うので、CADの知識も業界知識も一切不問

この3つは同じ「未経験者歓迎」の求人ですが、それぞれの企業が求めている指標は全く異なっていることが分かります。ではこれら各社が求めているのは、一体どんな未経験者像なのでしょうか。

業界未経験者

上記のA社がこれに該当します。

異業種への転職を考えている人や、すでに機械CADオペレーターとして働いている人が、そのまま建築CADオペレーターとして、異なる業界に転職する場合も「業界の未経験者」という扱いになります。このカテゴリの人たちはCADを使った仕事のやり方はすでに習得しているので、新しい業界の知識や業務フローさえ覚えれば、転職先でも即戦力になります。

採用側のメリット
新人を育てるよりも手間がかからない

職種未経験者

上記のB社がこれに該当します。

同じ業界において異なる職種にチャレンジする人がこのカテゴリに当てはまります。例えば「建設会社で現場監督をやっていた人が、ハウスメーカーでCADオペレーターになる」といった場合です。このカテゴリの人たちはCADで図面を描いたことはないが、業界や設計方法は現場を見て知っているので、CADの操作さえ覚えてしまえば、転職先でも設計士候補としても十分な活躍が期待できます。

採用側のメリット
すでに業界知識があるため、将来的に2つの職種をこなせる人材として期待できる

未経験者

上記のC社がこれに該当します。

業界も職種も全く異なる転職を目指す人が、この完全な「未経験者」というカテゴリに当てはまります。求人情報にはCADオペレーターの仕事以外であっても、よく「未経験可」「未経験歓迎」と書かれています。しかしこの指標は、「主夫・主婦歓迎」「学生OK」「フリーターOK」などの特記事項の記載がない限り、新卒者やフリーターは対象に含まれていない場合があるので、応募の際は求人票の記載内容をよく読みましょう。

採用側のメリット
先入観がないため教えやすく、意欲や基本スキルの高い人材を採用するチャンスが広がる

このように「その企業がどのような理由で選考しようとしているのか?」という募集内容の意図をしっかりと把握することが大切です。

そして「企業はどこまでを未経験としているのか」と考えること以外にも「企業がどのような人材を求めているのか」を考えることも重要です。 したがって企業の選考ポイントを汲み取ることは、未経験者であっても選考を有利にすすめる第一歩となるでしょう。

▲目次へ戻る

2.なぜ企業は未経験者を募集するの?

企業が未経験者を募集する理由は、次のようなケースが考えられます。

  • 人手が不足している
  • 自社にはない新しいスキルを持った人材が欲しい
  • 若手を採用しリフレッシュを計りたい
  • 将来の成長や潜在能力に期待をしたい
  • その仕事の経験よりも重要視したい条件が他にある
  • 業務内容がニッチであるため、その仕事の経験者が見つかりにくい

他にも、新卒採用の際に採りきれなかった人材を補充したい場合や、業界や仕事内容が特殊なため、そもそも経験者がほとんどいないという場合もあります。

また未経験というのは、経験者と比べてまっさらな状態で入社することになるので、新しい環境への順応しやすい傾向があります。

そのため、採用する職種で将来的に活躍できそうな地盤があり、なおかつ若手として自社で育成していく価値がある、と企業が判断した場合は 他社のカラーに染まっていない未経験を優先して採用する場合があります。

なぜなら、このような柔軟性がある人を優先すれば、自社での業務のすすめ方や、自社の社風やカラーへ馴染んで貰いやすいという利点があるからです。

また、自社の慣例や先入観にとらわれない斬新な発想力を期待されて、未経験者が優先的に採用されるケースもありますが、こういった場合は、前職の業種において一定の成果を出し、実績を積んでいる人が有利となります。

CADオペレーターの場合、扱うCADソフトや仕事内容によっては、特殊すぎてそれを扱える人材が希少価値であるということがよくあります。

このような場合は、業界未経験であっても、そのCADソフトが扱えるというだけで積極的に採用してもらえるケースが多くあるので、未経験だから不利であるということは決してありません。

▲目次へ戻る

3.未経験者歓迎のCADオペレーター求人はどれくらいある?

ここまでの流れで、未経験であってもCADオペレーターになるチャンスは十分にあるということがお分かりいただけましたね。

では、実際に「未経験者歓迎」という条件を設けているCADオペレーター求人は一体どれくらいあるのでしょうか?正社員・契約社員、派遣社員、アルバイトと3つの雇用形態別に分けて順に見ていきましょう。

▲目次へ戻る

3-1.正社員・契約社員

まず最初はこちら。

これは転職・求人doda(デューダ)に掲載されている2018年12月現在の求人情報を元に、正社員・契約社員の求人案件を調査した表です。

条件 求人件数
職種未経験歓迎 23
業種未経験歓迎 21
職種未経験歓迎 11
学歴不問
業種未経験歓迎 12
学歴不問

東京都のみを調べたところ、CADオペレーターの求人総数は合計118件で、うち正社員は106件、契約社員は18件という結果でした。

さらにその中で職種未経験歓迎は23件、業種未経験歓迎は21件という結果から、正社員・契約社員募集の掲載求人のうち約20%が未経験者歓迎の案件であることが分かります。

そして「学歴不問」という条件を加えると、案件数はさらにその半数となりました。

この統計結果のように、CADオペレーター未経験者が正社員雇用を目指すのであれば、異業種からの転職となる「業界未経験者」よりも、同じ業界において異なる職種にチャレンジする「職種未経験者」がわずかに有利であると言えるでしょう。

▲目次へ戻る

3-2.派遣社員

続いてこちらは、en(エン)派遣に掲載されている2018年12月現在の求人情報を元に、派遣社員の求人案件を調査した表です。

条件 求人件数
未経験OK 139
未経験OK 5
OAスキル不要
未経験OK 139
できればOAスキル不要
未経験OK 62
ミドル・シニア活躍中
できればOAスキル不要
未経験OK 25
ママさん活躍中
できればOAスキル不要
未経験OK 0
在宅

関東圏のみを調べた結果、長期(3ヶ月以上)、短期(3ヶ月以内)、一般派遣、紹介予定派遣を含めたCADオペレーターの求人総数は合計652件という結果でした。

さらにその中で未経験OKは139件という結果から、派遣社員募集の掲載求人のうち約20%が未経験者歓迎の案件であることが分かります。

そして未経験かつ「OAスキル不要」という条件を加えると、求人件数は一気に5件まで減ってしまいましたが、「できればOAスキル不要」としてみると、求人件数は未経験者歓迎と同数に戻りました。

このことからも、CADオペレーターとして未経験から派遣で働くには、WordやExcelやPowerPointなど、ある程度標準的なOAスキルは必須であるということが分かります。

注目すべきはミドル・シニア世代を積極的に採用していることです。

この条件で上がってくる、各求人情報を見てみると「60代以上歓迎」という案件も結構あり、30代ではまだまだ若手といった印象を受けるくらい、40代や50代の女性を大歓迎としている案件が多数ありました。

この統計にある通り、主婦の方よりもはるかに優先してミドル世代以上の募集を行っていることが伺えることからも、CADオペレーターという仕事がいかに長い間現役で働ける職業であるかがお分かりになったことでしょう。

▲目次へ戻る

3-3.アルバイト

最後は、タウンワークに掲載されている2018年12月現在の求人情報を元に、アルバイトの求人案件を調査した表です。

条件 求人件数
未経験・初心者OK 249
未経験・初心者OK 25
学歴不問
未経験・初心者OK 7
シニア応援・ミドル活躍中
未経験・初心者OK 16
主婦・主夫歓迎
未経験・初心者OK 33
フリーター歓迎
未経験・初心者OK 0
在宅

東京都のみを調べた結果、CADオペレーターの求人総数は合計362件という結果でした。

さらにその中で未経験OKは249件という結果から、アルバイト募集の掲載求人のうち約40%が未経験者歓迎の案件であることが分かります。

アルバイトの場合は、派遣社員と比べ「シニア応援・ミドル活躍中」という条件を加えると、一気に7件にまで求人数が減少しているのが特徴です。

一方、「フリーター歓迎」という条件を加えると、「主婦・主夫歓迎」よりも求人数がアップすることから、他の雇用形態に比べて、1週間のうちシフトに多く入ることができるフレッシュな若手か、20代の学生を積極的に採用していることが分かります。

そして掲載求人のうち4割が未経験OKとしていることから、就職するチャンスは正社員や派遣社員求人の約2倍の確率となっているのも特筆すべきポイントです。

したがって未経験からCADオペレーターとしての経験を積むのであれば、学生や20代前半のうちから、アルバイトとして働き始めておくことが、一番チャンスが多く選択肢が広いということが言えるでしょう。

▲目次へ戻る

3-4.年代別に見たCADオペレーターの働き方実例

ここまでご紹介した雇用形態別の統計結果から、CADオペレーターとしての働き方の例を、以下の年代別にまとめてみました。

  • 学生~20代前半:未経験からアルバイトとして実務経験を積む
  • 20代~30代:未経験から正社員・契約社員・派遣社員として働き実務経験を積む
  • 30代~40代:実務経験者として正社員・派遣社員・在宅ワーカー・フリーランスとして働く
  • 40代~60代:実務経験者として正社員・派遣社員・在宅ワーカー・フリーランスとして働く

未経験の採用率が最も高い20代前半のうちに、アルバイトとして早くから経験を積んでおけば、20代後半から実績次第によって、働き方の選択肢が一気に広がります。

また派遣社員CADオペレーターの平均時給が1600円前後であることからも、たとえ正社員でなかったとしてもそれなりの月給を稼ぐこともできるので、駆け出しのフリーランス設計士やデザイナーが、派遣CADオペレーターを掛け持ちしながら働くケースも多く見られます。

そしてCADオペレーターの働き方は、会社に勤めるだけではなく、実務経験とそのツテさえあれば、在宅ワーカーやフリーランスとして自宅で仕事をすることも可能なので、 一度「手に職」さえ付けてしまえば一生食べていくのに困らない仕事であることもわかります。

このようにCADオペレーターは、未経験者にも門戸が広く開かれ、なおかつ年齢問わずにいつまでも現役で働くことができる大変魅力的な職業である、ということが求人情報からも証明されています。

▲目次へ戻る

4.30代未経験でもCADオペレーターを目指すことは可能?

先ほどの求人情報の調査からも、CADオペレーターという仕事は「できるだけ若い20代のうちから働き始めた方が、就業のチャンスがある」ということが分かりました。

では、30代未経験者がCADオペレーターとしてゼロから働き始めるチャンスはあるのでしょうか?

結論を言えば、30代前半であれば未経験でも正社員としてCADオペレーターになることは可能です。

なぜなら2.なぜ企業は未経験者を募集するの?でご説明したように、30代前半であれば伸びしろのある若手として、十分に将来性があると企業が判断するからです。

ただし30代後半になると、未経験からの正社員就職は少し厳しくなるでしょう。

しかし、派遣社員であれば30代未経験者としてCADオペレーターになることは十分に可能です。

ですが20代とは違い、社会人経験もなくOAスキルも一切ないという「まったくの未経験者」の30代では、応募資格に満たないケースが多くなります。

そのため30代で未経験者として一からCADオペレーターを目指すには、最低限「指定のCADソフトの操作ができる」ということを条件とした場合、さらに以下の条件があると非常に有利です。

  • 事務職からの転職で、CADの他に事務職を兼任できる
  • CADは職種未経験だが、同業界からの転職で業界知識はある
  • インテリアコーディネータ-など設計に関する資格がある

とりわけ派遣の場合だと、CADオペレーターとしてただ図面を描くだけでなく、CADの他に事務を兼任する「CAD事務」という仕事があります。

30代未経験の方がゼロからCADオペレーターになるのなら、このポジションを目指すことが、現実的に一番就職を有利にすすめることができるかもしれません。

またCADオペレーターとしての実務経験はなくても、ある程度図面が読めてCADの操作が一通りできる職種未経験であれば、作図スピードを重視する企業でない限り、業界知識も豊富である30代の未経験者を歓迎してくれる職場も多くあるでしょう。

そして30代の場合は、CADに関する資格よりも、設計に関する資格を持っている方が未経験でも有利になる場合があります。中でも特に女性に人気がある資格は、インテリアコーディネーターやキッチンスペシャリストです。

これらの資格は、建物を一から設計する建築士までは目指すつもりはないけれど、部屋の内装やキッチンなどインテリアに関する設計ならやってみたいと考える女性たちにとっては、「手に職」も付けられるうえ、実力次第では独立も目指すことができるので大好評の資格なのです。

今の時代は、建物も新築ではなく、既存の建物をリフォーム&リメイクして新しくするリノベーション物件が主流になっています。そのためこの資格はとても需要が増し、仕事も増えているので今後より需要が高まることが予想されています。

興味のある方は、以下の記事を参考にしてみましょう。

参考記事
業種未経験でも取得できる!インテリアコーディネーター資格とは?
女性の就職・転職に有利!今注目の「キッチンスペシャリスト資格」とは?
女性が今「手に職」をつけるべき理由とは?新しい時代の働き方を解説

▲目次へ戻る

5.未経験者でもCADオペレーターになれる!

このように未経験者からCADオペレーターになることは十分に可能ですが「未経験者歓迎」と謳っている求人であっても、すべての未経験の方が採用されるというわけではありません。

そのためこの指標は「実務経験だけではなく、それ以外の要件も考慮したうえで選考を行います」という意味合いだと捉えておけば間違いないでしょう。

「それ以外の要件」とは、応募者の人柄であったり、採用側の会社の雰囲気に合うかどうか、コミュニケーションが円滑に行えるかといった内容なども配慮されるということです。

こうして仕事内容からは一歩離れたそれ以外の条件を加味しながら選考が行われていくわけですが、すべての会社においての応募者の必須条件は「やる気があるかどうか」です。

したがって「自分のスキルは経験者と比べてどの程度だろうか」と未経験の範囲を心配するよりも、応募先の企業がどのような人材を求めているのかを的確に把握することが大切です。

そして、それを踏まえたうえで「未経験であってもこれだけやる気があり、業界についても大変興味がある」という熱意をアピールすることが重要となります。

ですが、やる気と熱意さえあれば何とかなる!と安易に考えるのはNGです。

たとえ未経験歓迎とあっても、CADソフトの操作がスムーズにできるように準備しておくだけで確実に就職が有利になりますし、よりやる気と熱意も伝わるはずです。

中には、全くの未経験者に対しCADソフトの使い方を一から教えながら、正社員への就職までもサポートする良心的なスクールもありますが、日ごろからCADソフトを触って作図操作を練習し、自分の希望する案件を見つけた際、すぐにエントリーできるように準備をしておくとスムーズです。

そして自分の希望や条件に合った仕事情報を見つけたら、積極的にチャレンジし、未経験から新たな世界へ飛び出すチャンスを掴みましょう。

参考記事
【最新】CAD未経験者が有利に就職するには?気になるポイントまとめ
CAD初心者必読!目指せる仕事や資格は?無償CADや学び方など

関連記事
CADオペレーターってどんな仕事?設計士との違いや目指し方を解説
CADオペレーターに向いてる人とは?適正条件と望ましいスキル10個
CADオペレーターの平均年収は?年齢・働き方・エリア別に徹底比較
CADオペレーターは辛い仕事?一番大変なことや残業の実態を調査
CADオペレーターの将来性と需要|独立は可能?何歳まで働ける?

▲目次へ戻る